サイ科学Vol.30 No.1 p.123 DEC. 2008(2)
 重要・貴重事実データベース
井村宏次(Koji IMURA 1941 - 2014.2.23没)------サイ科学、東洋医学の発展
Development of PSI-science & Oriental medicine

1) 略歴
 昭和16年大阪市生まれ。2014年2月23日大阪市没。立命館大学法学部卒業後3年間商社に勤務。関西外語短大、明治東洋医学院にて英語と鍼灸学を学習・修得する。
 その後執筆活動を行う。団体を設立して、超常能力者の指導と育成を行う。そして、超常現象に関連する各種の研究啓蒙活動を行う

2) 業務内容(業績)
(1)1972年、「生体エネルギー研究所」設立、多数の超能力者の協力を得て、透視、オーラ視、キルリアン写真撮影などの実験、フィールドワークを行ない、サイ能力の実技、実験指導、サイ能力者の育成に努力する。
 そのprocessを「遊」(工作舎)誌上で4年間にわたり「超感覚と超技術」の題目で発表する。
(2)日本伝統鍼術研究会設立、治療の実践活動の中から、「気の科学」、「気の技術」を展開し、さらに日本式鍼術の国際的普及を行なう。
(3)日本では、もつとも初期の段階(1972年)から、サイ現象の科学研究を開始し、能力者を育成し、啓蒙運動を実施した。

3) 著書
「霊術家の饗宴」心交社、「オーラ・テクノロジー」三修社、「サイ・テクノロジー」工作舎、「栄えるき『気』の研究」、「『気』を活かす』以上日本教文社、「気の医学」アニマ(2001)、「スーパー・サイエンス」新人物往来社

4) 翻訳書、その他
 チャールズ・タート「サイ・パワー」、工作舎
 セルマ・モス「生体エルギーをもとめて」、日本教文社
 ジョン・ベロフ編「パラ・サイコロジー」、工作舎
 タムデン・ブラッドリー「チベット医学」、ビイングネツトプレス、等18点

5) その他
 (1984〜1998 )池袋コミュニティ・カレツジ、講座「超心理学実験室」開講
 (1985〜2014)大阪・千里中央、よみうり文化センター、講座「超心理学実験室」
*連絡先は日本サイ科学会事務局までお問い合わせください。

The museum of kokoro science
Copyright(C)2015 PSIJ