部門1:研究業績を対象にする

1)加速教育法の日本への導入と研究:暗示を用いた50倍加速学習法の研究と開発(1976〜1983)その他。  関 英男
2)サイ情報系としての五次元世界研究の提案:情報科学の最新分野として、サイ(気)情報系の五次元世界への発展を予測・展望した(1976〜2000)。これを「グラビトニックス、宇宙学序章(加速学園出版)」、「Five Dimensional World,英文(同上)」に記述した。 その他。 関 英男
3)アルファ・コイル(8Hzの磁気パルス波発生)の発明:応用としてアルファ・トーン、4Dメータ等がある。アルファ・コイルは健康法に、その他はサイ現象の実験・訓練用に使用する(1976〜2010)。その他。 橋本 健
4)新時空概念と超常現象。光空間、時間の本質:超常現象の分析・解明を目的として、光空間とローレンツ変換式、時間の本質との関係等、理論構築と実験装置の構築。サイ(気)エネルギー導入実験の続行(1976〜2014)。その他。 品川 次郎
5)オーラ測定器の開発とオーラ現象の測定・解析:電場誘導効果を応用して測定器を開発し、人体オーラを測定した(1963~1970)。 内田 秀男
6)「ゼロ場」の発見:相殺ゼロには量的な意味があり(新説)、変曲点に達するまで加算すると、「ゼロ場」が生じる。ここでは「物質と意識」、「素粒子と物質」、「マクロPK発生点」などの転換と機能がある(1976~1986)。 
 ーーーー実験室内でゼロ磁場を造って確めた(2000年):平成21年秋「瑞宝中授賞」受章。
佐々木 茂美
越智 保雄
7)光湧き出し(サイの光)現象の発見:念写の際に、暗箱内に光子群が湧き出し、出現する現象を発見した。記録のペン・レコーダーは(+)方向に変化するが、(ー)方向変化もある。念写像にもネガ像とポジ像がある(1975年.1月~76年6月)。念写現象の実験的、理論的研究。その他。  宮内 力
福田 豊
8)サイ科学分野への複雑系科学の導入:特異現象の伝播時の「ゆらぎ」がフラクタル現象を伴うことを発見し、解析と実験値が一致する事を認めた(1983年)。 苗 鉄軍
9)念力(PK)による光子群球の変化状況の記録・解析:暗缶内に発生した光子群は素粒子群類似であり、被験者(清田益章)の変性意識に従って、レスラー系の低次元決定論的なカオスとして記録された(1975〜1983年)。  小川 雄二
佐々木 茂美
苗 鉄軍
10)催眠法をもちいた非眼視覚(透視)能力の開発・訓練とその実験(1980〜1995)。  山下 裕人
芳賀 秀雄
早瀬 勇一
11)ピラミッド模型内のサイエネルギーの測定、実験(1984)。 瀬戸 明
篠原 栄一
12)特異現象時の脳波観察:、超能力現象が生起している時の脳波はミッドアルファー波(11Hz:アルファー波を3種類に分けた)である。ヒーリングが成功したときの施術者と被験者の脳波は7.5Hzで同調している(1980~2010年)。 志賀 一雅
13)クリスタル・セブン(サイの制御、瞑想促進器)を発明し、サイ(気)エネルギーを「+」成分と「ー」成分に分けた(1970~2000)。その他。 山田 孝男
14)霊界(第二空間)と特種相対論の研究(1995)。その他。 品川 次郎
15)無誘導コイルが造る零場が水、魚、植物、受精卵、初生鶏の成長に与える効果(1998〜2004)「中国との共同研究」。  佐々木 茂美
張 春生
胡 風麗、その他
16)人間の身体周辺に観察される異常磁気場の測定・観察(生体磁気場の発見と測定):超能力者の意識によって生起する異常磁気場を、試作した直交3軸センサーを用いて測定し、定量的に記録した(2000〜2009年)。  小牧 昭一郎
17)サイ(気)の熱活性化エネルギーは約1,38eV(近赤外線域)である。飽和蒸留水の電気伝導率変化を用いてサイ(気)が測定出来る事を確かめ、気場の測定を行った(1900〜2004)。 佐々木 茂美
18)水を冷却する時の結晶化に伴う形状変化が、サイ(気)等の微細エネルギーのセンサーとして活用出来る事を発見した(2000〜2008)。 江本 勝
19)未知の第3起電力の基礎的な研究:ファラデーの起電力とは別に、未知の第3起電力(Positive EMF)を発見し、基礎的な解析と実験を実施した(2008〜2010年)。その他。  井出 治
20)動的視覚化による教育方法論:加速教育の視覚版として、イメージによる瞬間教育法を考案し、理論を確立した。方程式(数式)の内容を、パソコンを用いて、図形表示した(1980〜2006年)。 浪平 博人
21)オーブ観察・測定の先駆的な基礎研究:最新の映像撮影技術をもちいて、オーブの存在を動的に確かめた(2000〜2014年)。その他。 小林 信正
22)西洋占星術に於ける「共振パワー値」の提案とそれによるチャート分析(1996〜現在)。  小林 泰樹
23)金属材料を念力(マクロPK)曲げによって破断する際に「軟化並びに硬化(脆化)現象の生起」が発見された。(1975〜1982年)。 佐々木茂美
23)空気に含まれている水の水素結合力と気温がプラズマ・モイド発生に関与する事を発見した(2004~2016年)。  久保田 昌治
佐々木 茂美
24)生体センサを使ったbio-PKの高感度測定系の開発、ならびにPK場の空間分布の測定などPK現象の科学的研究に貢献した(2006〜2015年)。 小久保 秀之
25)水と珪素と気のコロイダル電荷作用の研究:アクアアナライザで誘電緩和、微乾燥顕微鏡と位相差顕微鏡で電気泳動、ゼータ電位計で電位・粒度・粒子輝度、そして誘電率の統合で究明する水のコロイダル研究(2000年〜現在)。 中島 敏樹

 ーーーーーー続く



*連絡先は日本サイ科学会事務局 までお問い合わせください。

The museum of kokoro science
Copyright(C)2016 PSIJ